メイン

フレッシュウォーター釣果報告(海外) アーカイブ

2017.08.18    マレーシア・テメンゴール湖トーマンフィッシング釣果報告

8月11日~16日で、マレーシア・テメンゴール湖に

トーマンフィッシングに行ってきました。

今回は、岐阜の伊藤さん、北海道の森さん、沖縄の野坂さん

大阪の喜多濃さんと私の5名です。

テメンゴール湖では、ハウスボートに宿泊しながら小型ボートに

分乗してフィッシングに出かけます。


DSC_0100.jpg


DSC_0099.jpg


今回は乾季のグッドシーズンを狙って行ったはずが、

まさかの雨が多く、毎日レインウエアが必要でした。

トーマンの活性も低く、皆さん非常に苦戦をしていましたが、

そこは皆さん海外遠征のエキスパート揃いですので、

悪いコンディションながらもトーマンをキャッチしています。


伊藤氏

DSC_0110.jpg

DSC_0117.jpg

20979836_1489906031055506_120424448_n[1].jpg


森氏

20916028_1288332921295826_233062513_n[1].jpg

20937729_1288333674629084_60388091_n[1].jpg


野坂氏

20863742_10155558916541585_2004643603_n[2].jpg

20891442_10155558916371585_1656645697_n[1].jpg


喜多濃氏

20891248_1288338984628553_568810727_n[1].jpg

20916691_1288333851295733_1307853042_n[2].jpg

山田

20885144_10155558915711585_1833684715_n[1].jpg


あと、今回は犀鳥や白頭鷲の大型の鳥やアジア象も見ることが出来ました。

犀鳥は、大型なので飛んでいると羽ばたく音が聞こえてくるくらいです。

写真の象は、泥浴びをしていました。70m位まで近くに寄れましたが、

子供でも迫力ありますね。

2017-08-13 17.35.41.jpg

2017-08-13 17.36.16.jpg


電話もネットも通じないジャングルの奥で動物の鳴き声だけがこだまする

テメンゴール湖で皆さんリフレッシュしていただけたと思います。

釣果はイマイチでしたが。。。


また、ご一緒しましょう! ご参加有難うございました。


 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2017.08.06    ボルネオ島・パプアンブラックバス釣果情報

7月25日~8月1日にボルネオ島にパプアンブラックバスを狙って行ってきました。

マレーシアのガイドから調査釣行ということで、4日間フィッシングです。

4名で2艇で、朝6時~夕方6時までフィッシングですが、日中はとにかく暑かった。

IMG_2422.jpg
乾季に入って、水色は良さそうです

IMG_2423.jpg


IMG_2436.jpg
グッドサイズのマングローブジャック

IMG_2442.jpg
来た! パプアンブラックバスです。

IMG_2456.jpg
アレッ?来たけど、小っけーなぁ

IMG_2462.jpg
またかよ!

IMG_2464.jpg


IMG_2473.jpg
最後にはバラマンディでした

ガイドが写真を撮った携帯を盗まれるという事件が起こり、

写真が全然ありません。中には、ドラグが全く止めれずに

ブッシュに入られて、ラインカットという個体もいました。

何とか、ツアーとして形が出来そうですので、来年あたりツアーにして

みようかなと思います。参加希望の方がいらっしゃったら、ご連絡下さいね。


 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2017.06.12    タイ・チャードーフィッシング釣果報告

6月9-10日2日間でタイ・チャードフィッシングに行かれた

神奈川の浅田さんの釣果報告です。

タイも雨期に入り、天候も落ち着かず、なかなかベイビーボールを

見つけることが難しいために、インレットで単体のグッドサイズの

チャドーをゲットです。

単体でいるチャドーは色が綺麗ですね。

浅田さん、おめでとうございます。


18951458_10210610134903752_6692394037823789169_n[1].jpg

19059113_10210610135103757_6572013440486265129_n[1].jpg

18951444_10210610135343763_8267588242216823170_n[1].jpg


 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで
  

2017.05.24    タイ・チャドー(ジャイアントスネークヘッド)フィッシング釣果報告

5月19日~22日の4日間でタイにチャドー(ジャイアンとスネークヘッド)を

釣りに豊橋の佐原氏、東京の河口氏と行ってきました。


18644559_10210444094632849_1905981437_n[1].jpg
このベイビーボールには、ママとパパもいたそうです

18623165_10210444094552847_145371371_n[1].jpg
グッドサイズですね。大きさが良くわかります

18600614_10210438982305044_385715963_n[1].jpg
朝マズメにセパロウを狙って、ポッパーで爆釣してました

18596604_10210438984985111_1889857568_o[1].jpg
ベジテーションエリアではこのサイズは結構バイトがあります

2017-05-19 18.52.06.jpg
ベイビーボール狙いのママをヒットさせ、バラしたが、再度狙ったらバイトしてきた5kg

2017-05-21 10.16.29.jpg
ベイビーボールを約2時間狙い続けてやっとキャッチした7.5kg

18601347_10210438983825082_605745649_n[1].jpg
こんなベジテーションエリアは、バスベイトやフロッグで狙います

2017-05-20 10.13.05.jpg
佐原氏のボートにはガイドも乗船してビデオ撮影

18624634_10210438982625052_108777447_n[1].jpg
チャドーに食いちぎられたテラピア

18600747_10210438984025087_910733192_n[1].jpg
チャドーのネスト

2017-05-21 15.01.55.jpg
週末になると地元のアングラーがやってきます


次回は、10月に予定しています。ビッグチャドーを狙いに行きましょう!

 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで
  

2017.04.21    ボルネオ・パプアンバスフィッシング釣果報告

4月11日~17日で、ボルネオ島サンダカンより車で約5時間の

Sri Ganda へパプアンバスフィッシングに行ってきました。

大阪から内田氏、東京から萩尾氏とマーレシアガイド2名の総勢5名です。

行く前には、Sri Gandaのガイドよりスポッテドバスの写真が送られてきた。

17555231_10155097924241585_1569555552_n[1].jpg


期待に胸を膨らませて行ったのであるが、フィッシング当日桟橋に行ってみると

川は濁りまくっている。

18051810_1718978898400170_2073134330_n[2].jpg

ガイド曰く、10日前まで豪雨でフィッシングのお客さんを断っていたとか。

そして、やっと少し落ち着いてきたとの事だが、果たして釣りになるのかどうか。。。


実際にやはりかなり厳しい状況であった。

マングローブジャックはこの中でもバイトもあり釣れる。

18035707_1718978948400165_777992252_n[2].jpg

IMG_1481.jpg


しかし、内田氏、萩尾氏は南米なんかの遠征経験もあるので、

この中でもパプアンバスを攻略していき、次第にバイト出してくる。

そして、こんな激渋の中両氏はパプアンバスをキャッチである。

18035578_1718978635066863_238227143_n[2].jpg

IMG_1504.jpg

さすがですね。

私にはバイトすらなく、マングローブジャックが遊んでくれる程度。

結局、私には、パプアンバスからのコンタクトはなく終了となった。


帰国後、また現地ガイドより写真が送られてきた。

18009451_10155170238126585_1818423789_n[1].jpg

17974246_10155170239211585_662723914_n[1].jpg

"釣れているから、また来いよ!"だって。

よーしっ!来年はゴールデンウィークとお盆あたりにまた行こうじゃないか!

と言うことで、ゴールデンイィークとお盆あたりにツアーを企画します。

限定4名ですので、興味のある方はお早目にご予約下さい。

予算的には、4日間のフィッシングで480,000円位になりと思います。


 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2017.03.23    マレーシア・トーマンフィッシング釣果報告

3月13日~17日にマレーシア・ベルシアレイクにトーマンフィッシングに

行ってきた富山の山田さんから釣果報告を頂戴しました。

以下、ご本人からのメール抜粋です。

------------------------------------------------------------

初日の朝一番にブラインドキャストで流していて良型のトーマンをかけるも、

ガイドさんがランディングをミスってバラしてしまいました!

しかし、背中に翠色のラインが出ていてとても綺麗でした。

その後はあたり一つ無く、タフな状況が続きました。

呼吸も少なく、ベビーボールを打ってもバイトすらありませんでした。

ガイドさん曰く、数日前の大雨で湖が全体的に濁っていることと

水温が低下していることで活性が低く、その上他の釣り人によるプレッシャーで

ママトーマンはとてもスレているとのことでした。

結局この日は朝の1バラシで終了しました。

最初の1本はビギナーズラックだったのではと少し凹みました(笑)

2日目は水も少し澄んできて、期待大です!

朝一にまたもや小さめのトーマンを呼吸打ちでかけるもバラしてしまいました。

その後は呼吸やベビーボムを見つけ次第打って行きました。

ベビーボールではある程度大きな稚魚はルアーを襲うことがありますが、

そういう時はすぐに見切って移動しました。

そして終了時刻の1時間前に呼吸打ちでようやく4キロクラスのトーマンがヒット!

しっかりランディングでき、とても嬉しかったです!

ガイドさんと二人で喜びを分かち合いました‼︎

IMG_3383.jpg


最終日は午前のみで、朝一はブラインドキャスト、日が出てからは

呼吸打ちやベビーボールで攻めるも不発でした。

初日とうって変わって気温、水温ともとても高く、呼吸は多くなったものの

暑すぎてバイトまで至りません。

途中セパラウを狙ったりもしましたが、1匹バラしたのみでした。

この2日半は全体的にコンディションがあまり良くなく、

ガイドさんにも「ついてないね〜」と言われてしまいましたが、

初めての海外、しかも一人で乗り込んでトーマンをキャッチできたので大満足です!

ガイドさんは釣りが上手く、ベイトタックルのキャスティングが下手だった僕に

キャスティングの練習講座をしてくれました。おかげでキャスティングも

上手くなるという大きな成果もありました‼︎(笑)


マレーシアは食事も美味しく、ガイドさん、タクシー運転手さん、食堂のおばちゃん、

街の人まで親切にしてくれてとても嬉しかったです!

そして何よりこの釣行をコーディネートして頂いた

トラベルプロの山田さんにはとても感謝しております!

出発前から出発当日、さらには現地に着いてからも

自分も家族も何かあるたびお世話になりっぱなしでした!

本当にありがとうございます!

-------------------------------------------------------

初めてのトーマンチャレンジで、4kgとチビ2本をキャッチは、素晴らしいですね。

これでベイトリールのキャスティング精度を磨いて、再チャレンジして下さい。

きっと、トーマンフィッシングの楽しさがより一層深まると思いますよ。

今回のご参加有難うございました。


山田 浩貴

2017.01.16    マレーシア・ピーコックバス&トーマン釣果報告

12月29日~1月4日でマレーシア・タンジュントゥアラン地区の

ピーコックバスとトーマンを狙いに長久手市・山本氏と豊橋市・佐原氏と行ってきました。

2017-01-01 08.17.15.jpg

各ボートにガイドと共に乗り込み、スタートフィッシングです。

2017-01-01 08.22.52.jpg

動力はエレキです。あまり大きな池でもないので、魚にもプレッシャーが

かからなくてよいですね。

15879477_940560849414139_691745003_n[1].jpg

15822364_940561696080721_1312111065_n[1].jpg

2016-12-30 11.32.17.jpg

15841047_940561412747416_421577393_n[1].jpg

15910150_929209413880577_2070711560_n[1].jpg

ピーコックバスは、チビから最大48cm。

30~35cm位は3人とも結構釣れた。もう少しサイズが欲しかったですね。

15841634_940561112747446_1931352900_n[1].jpg

15870440_940561742747383_1974229363_n[1].jpg

2017-01-01 18.02.38.jpg

トーマンは、最大4キロオーバーでした。

ウィードの中から突然に足元で食ってくるやつもいて、結構びっくり

させられることもあった。

最終日は、安息日ということで、イポーの街に観光して、ランチを食べ、

サウナでのんびりして、エビ釣りに行った。

以前はここのエビ釣りは、手長エビの釣り堀だったのですが、今回行って

見ると、手長エビがブラックタイガーに代わっている。

約2時間釣ってみたが、佐原氏がガンガン釣ってダントツの釣果。

15871230_940566869413537_1285442481_n[1].jpg

山本氏も数匹釣って、楽しんでいた。

15909003_940566912746866_2146428571_o[1].jpg

私はボウズでした。(涙)

帰りにレストランにブラックタイガーを持って行き、夕食の1品となったのです。

15857053_940566952746862_1448167187_o[1].jpg


マレーシア・タンジュン・トゥアラン地区は、5・6月がベストシーズンに

なりますので、また是非とも良いシーズンにトライしてみたいと思います。

フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2016.08.23    マレーシア・テメンゴールレイクのトーマンフィッシング釣果報告

8月11日(木・祝)~17日(水)にマレーシア・テメンゴールレイクに

岐阜・伊藤さん、豊橋・佐原君、静岡・神谷君、川崎・則田さん、東京・河口さんと

行ってしました。

中部から私を含め4名と成田からの2名とクアラルンプールで合流して、

クアラルンプールより車で約5時間。初日の宿泊地・ゲリックに到着したのは、

もう、夜中の1時半ごろ。翌朝6時には起きて、ホテルの近所で朝食。

13880174_850574358412789_6213887772199641597_n[1].jpg
あっさりしたワンタン麺が朝食。これがマレーシアスタイルなんです。

ゲリックより車で約50分ほどで、テメンゴールレイクに到着。

ハウスボートに乗り込み出発します。

14002447_849574578512767_114910219_o[1].jpg
1Fがリビング&ダイニングスペース。2Fには、6ベッドルームがあります。

ハウスボートを係留して、3艇のボートに2名ずつ分乗してフィッシングです。

今回は、呼吸打ち、ベイビーボール打ちで狙うのですが、

昨年に比べるとベイビーボールが全然ない。

呼吸に上がってくるトーマンを見ると、ペアリングの最中のようだ。

また、ガイドのベニーさん曰く、"昨日物凄い大雨が降ったので、

水温が下がった"とのことで、なるほど、湖水はちょっと冷たく感じる。

そのでも、皆さん何とかトーマンをキャッチしていく。

中にはトップで激しくバイトしてくる個体もいたようで、

初めての方にも、このエキサイティングなトーマンフィッシングを

楽しんだいただけたかな。


14037828_849574078512817_130723367_o[1].jpg

14040007_1132134663499313_6333372891622672854_n[1].jpg

13935058_1581718452132773_1813661241959138084_n[1].jpg

14022193_1582020518769233_5162141473751209591_n[1].jpg

14012806_849573785179513_949242863_o[1].jpg

14018158_849572741846284_701608155_n[1].jpg

14037926_849575285179363_1516111665_o[1].jpg


帰り際には、来年も同じハウスボートで予約をしてきました。

2017年8月11日(金・祝)~16日(水)で、ツアー募集しますので、

興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2016.04.06    スリランカ・バラマンディフィッシング釣果報告

3月19日~24日に、埼玉の藤見氏、愛知の山本氏とスリランカへ

バラマンディを狙いに行ってきました。


藤見氏は成田、山本氏と私は中部よりタイ国際航空にて、

バンコク経由でのフライトを利用し、バンコクで待ち合わせをした。

中部からのフライトの方が早く到着したために、タイに入国して1Fの

フードコートで藤見氏を待つことにした。

1458377990999.jpg
1Fフードコート

ここでは、入口で利用する分の金額をクーポンに交換して、

各店でオーダーするというシステムです。

DSC_0181.jpg
エビのすり身入りラーメン 45バーツ(約180円)

フードコートで待つこと約1時間で藤見氏が到着したので、藤見氏も

ラームン1杯食べた後に、バンコク市内で人気の北京ダックを

食べに行くことにした。

空港より、エアポートリンクとBTSを乗り継ぎ約45分で

中華料理レストランに到着。

但し、我々に許された時間は約1時間という過酷なスケジュール。

早速、ペキンダック、麻婆豆腐、酸辣湯スープなどを注文。

さすがに中華料理とう速さでどんどん料理が運ばれてきた。

DSC_0190.jpg
人気の北京ダック

ビールを飲みながら、食べたがボリュームがありすぎで

3人で食べきれない。

結局、約1時間弱ちょっと食べ残しがあったが、

食事を終えてまた列車で空港へ戻る。

食事代は、どうだろう一人7,000円ぐらいだったかな。

北京ダックとその他諸々でこの料金なら、大満足である。

DSC_0193.jpg
ドラえもんのラッピング列車

空港について、やっとコロンボ行のフライトである。

いつも、この路線などは込み合っているのだが、今日は空席があり、

余裕をもって座って行けた。

コロンボにタイ航空の到着する時間帯には、キャセイパシフィック、

シンガポール航空も到着便があるために、結構な時間が入国審査に

掛かるので、急いで入国審査場へ向かうと何と

ここもガラガラですぐに入国できた。

バゲージも無事に受け取り、到着ロビーに出て両替を済ませ、

迎えのドライバーを探すと、送迎会社のドライバーの姿はない。

"いつもよりすんなりと入国してきたので、まだ来てないのかな。"と

思っていたが、30分待ってもやってこない。

"オイ、オイ、まさか来てねいんじゃないか!"ということで、

手配先のオーナーに電話をすると、夜中ということもあり、機嫌が悪く

ドライバーは近くにいるから探せとまで言う。

いないから電話してるんだよ!ということで何度も言ったら

やっと確認して、電話がかかってきた。

すると、ドライバーが日程を間違っていて、今迎えに出たって。

結局、約2時間待って、やっと送迎会社の社長がやってきて、

詫びを入れて車に乗り込み、ボルゴダに到着したのは、早朝4時。

そこから、ちょっとだけ仮眠をとって7時に朝食、8時に出船となった。

今は乾季でもあったので、空気がカラッとしていたために、

あまり寝ていないがあまりきつくはなかった。

【1日目】

今回は、3人で2艇で出船。初日は藤見氏と山本氏が同乗して、私は一人です。

開始早々の2ポイント目で幸先よく、ヒット!

2016-03-20 12.01.00.jpg
レギュラーサイズのマングローブジャック

気を良くして、キャストを続けると、またヒット!

2016-03-20 12.19.21.jpg
これは今回はいけるかも。。。

その後、藤見・山本艇と情報交換をすると、まだヒットはないという。

その後、バイトはないままランチタイムとなったので、ホテルへ戻ると

何と二人共バラマンディをキャッチしたということである。

12903674_10208231599255044_935720721_o[1].jpg
藤見氏は、ゴールデンバラマンディのグッドサイズをゲット

12887471_10208231600815083_1768774832_o[1].jpg
山本氏も初の野バラキャッチ。

お二人共、初の野バラマンディをキャッチして興奮気味である。

やはり、バンコクの養殖池なんかのバラマンディよりスリムで筋肉質で

引きも断然強いのである。

さらに、藤見氏はゴールデンバラマンディなんで、一層興奮している。

ランチ後3時過ぎに午後の出船。

私は、午後からも好調で、マングローブジャック2匹とマラブGT1匹。

2016-03-20 12.43.55.jpg class="mt-image-none" style="" />

2016-03-20 12.49.39.jpg

2016-03-20 14.13.46.jpg

バラマンディは船べりまで追ってきて、反転してヒットはしなかった。


【2日目】

藤見氏が一人、山本氏と私で同船で出船。

今日は、何か水色が悪いようだ。

ボルゴダ湖のストラクチャーを狙って、ランガンで釣って行く。

すると、山本氏と私に怒涛の連続ヒット。

2016-03-21 02.30.19.jpg

2016-03-21 12.16.28.jpg

2016-03-21 14.04.34.jpg

2016-03-21 14.07.06.jpg

2016-03-21 14.21.17.jpg

2016-03-21 14.31.10.jpg

2016-03-21 15.00.38.jpg

これは、爆釣の兆しかぁと思いきや、午後からは水色がされに悪くなり

バイトなく終了。


【3日目】

水色はどんどん悪くなっている。初日にキャストしたルアーが

泳いでくる軌道がはっきり見えていたほどの水色がもはやルアーは

着水後に水中では全く見えない。手元にルアーが来てやっと見えるほど。

結局、この日より釣果は最悪で、私がマングローブジャック1匹を

キャッチして終了。

【4日目】

もはや、釣れる気がしない。ガイド曰く、乾季で雨が降らないために、

上流にある堰を止めているらしい。よって、汽水域の塩分濃度が高く、

濃い塩分に耐えられなくなった水草などが腐ってしまって、

水が濁ってしまったらしい。

もう、打つ手もなく、このまま終了となった。


今回は、1日目の状況が続いていたら、まあまあの釣果がだった

しれないが、2日目以降は全くダメでした。(タラレバだね。)

でも、藤見氏、山本氏が初日にキッチリと結果を出したので、

良かったかな。私は、マングローブジャック9本、マラブGT1本

ジャイアントヘリング1本と数は釣れたが。。。

"9本のジャックより~~、普通に金バラマンディがいいィ~~"

という感じです。


また、7月に企画しているので、皆さん一緒に行きましょう!

あの、ゴールデンバラマンディはカッコイイですよ!


 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2016.01.21    バンコク釣り堀釣行釣果報告

1月12日ー16日でバンコク釣り堀釣行にご参加いただきました

フィッシング遊スタッフの中井さん、原さん、村橋さんの方か報告です。


2016-01-13 (1).jpg

2016-01-13 (2).jpg

2016-01-13 (4).jpg

2016-01-13 (5).jpg

2016-01-14 (1).jpg

2016-01-14 (2).jpg


2016-01-14 (3).jpg

2016-01-14 (4).jpg

2016-01-14 (5).jpg

2016-01-14 (6).jpg

2016-01-15 (1).jpg

2016-01-15 (2).jpg

2016-01-15 (3).jpg

2016-01-15 (4).jpg

 フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで