メイン

フレッシュウォーター釣果報告(海外) アーカイブ

2022.08.09 マレーシア トーマン釣果報告


2022年7月26日よりマレーシアのトーマンフィッシングに遠征しました。

さっそく、釣果写真が入ってきましたのでご報告!

ただし・・・釣行日の数日前に雨が続き、湖は増水。

トーマンは、岸際の冠水した植物の中に入ってしまうタフなコンディションに。

そんな数少ないチャンスにピンスポキャストで引き出したトーマン達。

MAL TOMAN 3.jpg

MAL TOMAN 13.jpg

MAL TOMAN 2.jpg

MAL TOMAN 1.jpg

MAL TOMAN 5.jpg

MAL TOMAN 7.jpg

MAL TOMAN 8.jpg

MAL TOMAN 9.jpg

MAL TOMAN 11.jpg

MAL TOMAN 4.jpg

MAL TOMAN 6.jpg

※画像は釣果の一部です。


さて現在も海外から日本への帰国時には、RT-PCR検査の陰性証明が必要になります。

トラベルプロインターナショナル'アングラーズネスト'では、現地で日本の様式に陰性証明を記載してくれる

病院と提携し事前に予約して検査、そして陰性証明の受け取りをセットして海外遠征を実施しております。


これで5月に実施したタイのチャドーと今回実施のマレーシアのトーマン。

アジアを代表するゲームフィッシュの遠征ツアーを2本実施いたしました。

引き続き、チャドー&トーマンのフィッシングツアーをプランニングしていきますので是非ご期待ください。

海外遠征釣行募集はコチラ


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2022.05.24 海外遠征再開!タイ・チャドーフィッシング釣果報告

5月16日~23日までタイにチャドーフィッシングに出かけてきました。

コロナが始まって以来約2年2カ月ぶりに海外フィッシングとなりました。

今回は、福岡から新開氏・吉田氏、東京から高山氏と名古屋から私の4名です。


福岡の2名は中部より私と一緒にタイ航空でバンコクへ。

東京の高山氏は日本航空でバンコク入り、現地時間午後5時頃に合流となりました

目的地までは車で約4時間かかるので、途中のショッピングセンターで

いつものMKへ


DSC_2264.jpg


DSC_2265.jpg


食を満たし、目的地のホテルに到着したのは、午後9時過ぎで翌日からは午前4時45分出発のために

タックルを準備して就寝


さて、気になる釣果はというと、3日半のフィッシングで一人当たり20~30匹は釣れました

サイズが小さかったりしたものは、船べりでリリースしてますので、写真は抜粋です


新開氏

1653371080553 (002).jpg

280378434_287087290203537_1605913172489868955_n.jpg

1653370979059 (002).jpg

280923871_380935187303693_5285026128184804117_n.jpg

1653371045599 (002).jpg


吉田氏

279941914_2182434625247503_9128723331350874317_n.jpg

280132447_945321119495362_4345443851241852404_n.jpg

280638646_523923699210541_7709206060991720484_n.jpg

281249184_5114151015346351_20811243723320469_n.jpg


高山氏

281196545_729244074780809_8784857517285078325_n.jpg

281357458_754024015768711_8498884051721020743_n.jpg

281227610_712361149970719_1863383550290177833_n.jpg


山田

DSCPDC_0001_BURST20220517133305934_COVER.jpg

DSC_2279.jpg


フィッシング終了後は、PCR検査のためにバンコクへ

PCR検査の結果待ちの間に、バンコク中心にあるルンピニー公園に散策へ

DSC_2296.jpg


するとそこは、オオミズトカゲがそこら中にいるトカゲの楽園だった

DSC_2295.jpg


8,9月のグッドシーズンに合わせて4本設定しました。皆さんのご参加お待ちしております!


日本発8月10日

日本発8月28日

日本発9月4日

日本発9月17日


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで


2022.04.20 タイ フィッシングガイドより釣果報告

タイのフィッシングガイドより驚きの画像が送られてきました。

最大は、チャドー15kg!そしてビッグワン多数・・・。

中々あおってくれる画像です。

間もなくビッグチャドーのシーズンは終了しますが、次のシーズンは、8~10月。

その頃には、更に行きやすくなっていると信じていくつか遠征を予定したいと思います。

チャレンジャー募集します。

Chado 15kg new.jpg

Chado new.jpg

2021.10.25 スリランカ バラマンディ釣果報告


スリランカの弊社フィッシングガイドのニコより「早くおいで~」とばかりに釣果情報が送られてきました。

まずはフレッシュウォーターでのバラマンディフィッシング。

良いサイズが上がっています!

(まだローカルかヨーロッパのアングラーのみとなってます。)

これから、ソルトのシーズンが始まりますが、久しぶりの出船で釣果が楽しみ?口惜しい??です。


2021.10.25 002.jpg

2021.10.25 001.jpg

2021.10.25 003.jpg

2020.03.10    オーストラリア・サザンサラトガ釣果報告

2月6日~11日に、愛知県・山本君、大阪・大畑君と

オーストラリア・ボルンガ湖へサザンサラトガ釣行に行ってきました。

今回利用の航空会社は、香港経由のキャセイ・パシフィック航空も

コロナウイルスの影響でガラガラです。

香港乗り継ぎでも人は疎ら、入国審査では人は並んでいませんでした。

いざ、ブリスベンに到着すると、当時オーストラリアはまだ

コロナウイルス感染者が数名だったという事で、

マスクをしている方もほとんどいません。


さて、フィッシングの方はといいますと、周辺では雨が降っておらず、

ダムは満水時より2.5m程減水しており、通常サラトガのポイントとなる

蓮がほとんど生えておらず、立ち木周辺を狙う事になるとのことでしたが、

数日前よりオーストラリア東海岸は大雨でゴールドコーストでも300mmを

超える雨が降っていて、ボルンガ湖でも、時折、雷雨になったりとかで、

急激な環境変化でサラトガの活性も下がっており、状況は厳しくなっていた。

その中でも皆ピンポイントにキャストして、バイトを拾っていく。

3人とも何とかサラトガはキャッチ出来ましたが、

噂通りにフッキングがなかなか決まらずに何匹もフックアウトはありました。

でも、皆、初めてのサラトガに満足しての釣行となりました。


DSC_0020_017.jpg
宿泊先のロッジ・ボルンガ・ディア・パークロッジ

DSC_0022_018.jpg
ロッジ内は2段ベッド、ダブルベッド、ソファーベッド

DSC_0625_031.jpg
今回の企画者・山本君の念願の1匹

DSC_0408_027.jpg
山本君は、オーストラリアンバスもキャッチ

received_177162436938418.jpg
大畑君も念願の1匹。次なるは、マーレイコッドだね。

DSC_0150_022.jpg
私もグッドサイズ75cmをキャッチ。

DSC_0210_025.jpg
切り株に引っかかったラインを提灯釣りでキャッチした1匹

フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで


2020.01.31 タイ チャドー(スネークヘッド)釣果報告


2020年1月26日よりタイへお客様の戸田さんとアングラーズネストより

山田と中村でチャドーフィッシングへ行ってきました。

タイ航空の深夜便を使えばバンコクに早朝到着しそのままフィールドに

移動して釣りが開始できてとっても便利です。

今回は、新たなリザーバーを2ヵ所チェックしてきました。

1ヵ所目は・・大き目なリザーバーで雰囲気も良かったのですが増水しており

魚たちがウィードの中に深く入ってしまったのか?バイトが

遠かったです。

そして2日目は、リザーバーを変えて・・・

出ました出ました、ナイスサイズ! 戸田さんやりました。

TODA 7.5kg2.jpg

TIDA 7.5KG3.jpg


yamada 1.jpg

NAKAMURA 2.jpg


2ヵ所目のリザーバーは、程よい広さとウィード量で且つ

バイトもほどほどにあり楽しいフィールドでした。

チャドーの水面爆発を体験してしまうと抜けられないですね。

これからまだフィッシングシーズンは続きますので是非トライしてください!


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2020.01.15    アマゾン・ピーコックバス釣果報告

年末年始でブラジル・アマゾン・ネグロ川水系にピーコックバス釣行に

東京・大庫さん、大阪・伊福部さん、名古屋・鈴木さん、坂口さんと私で

行ってきました。

そして、今回もアメリカン航空は、往復共ディレイで

予定通り乗り継ぎできずもう無茶苦茶でした。


まあ、あまり愚痴っても仕方ないので、現地報告ですが、

事前情報では聞いていましたが、今年は水量が多く、

ジャングル奥までルアーをキャストできないと

なかなか食ってきてくれないという非常に厳しい状況でした。

しかし、参加者の皆さんはベテラン揃いですので、引き出しが多く、

型の良いピーコックは釣ってくれました。


DSC00012.jpg

伊福部さん、ご本人はあまりこだわりが無いようでボートマンが計量したのを

あまり聞いていなかったようですが、84cmあったとのことですから、

20lbオーバーですね。

DSC00050.jpg

こちらは17lb

IMG_3409.jpg

昨年に続き参加の坂口さんも20lb

IMG_3425.jpg

19lbもキャッチ!

IMG_3379.jpg

大庫さんは14lb

DSC03458.jpg

鈴木さんも2年連続参加で、今年は目標達成の17lb


DSC00291.jpg

私も14lbをキャッチできました。

IMG_3386.jpg

今回は、KALUAⅡでフランス人2カップルと混乗でしたが、

こちらの女性陣はパワフルにスイッシャーをガンガン引いてました。

DSC03550.jpg 


また、今年の年末年始もアマゾン釣行は予定しています。

すでに7名が参加表明されておりますので、参加ご希望の方は、

お早目にお声をかけて下さいね。

フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで


2019.10.29    スリランカ・ゴールデンバラマンディ釣果報告

10月13日~17日で、スリランカ・ボルゴダ湖にゴールデンバラマンディを

狙いに福岡・新開さん、田中さん、沖縄・小谷さんと行ってきました。

毎日午後からは雷雨というコンディションの中で、濁りの少ないポイントを

探し何とか新開さんがゴールデンバラマンディをキャッチ!

残念ながら、田中さんと小谷さんはマングローブジャック、ターポンの

キャッチはありましたが、バラマンディはキャッチがなかったので、

写真がありません。


image24.jpg
ノーマルバラマンディ

image8.jpg
ゴールデンバラマンディですが、日差しがないので、金色が映えていない

image1.jpg
ナイフフィッシュは7匹ぐらい釣ってました

IMG_20191015_123759_574.jpg
私もゴールデンバラマンディ

IMG_20191016_070400_372.jpg
ゴールデンになりきっていなーい!

IMG_20191016_070400_373.jpg
でも、80cmありました


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2019.09.19    スリランカ・ゴールデンバラマンディ釣果報告

9月11日~16日でタイ・バンコクで、名古屋発着の坂口さん、原田さんと

タイ・チャドーフィシングから引き続き参加の内藤さんと私の4名で

スリランカ・ゴールデンバラマンディ狙いに行ってきました。


今回のターゲットは、"ゴールデン・バラマンディ"です。

ボルゴダ川のブラックウォーターのタンニンで育った

魚体が金色に輝くバラマンディです。


さて、釣果の方ですが、今回は夜中や明け方に毎日のように大雨が降り、

濁りにより釣果が心配されましたが、全員が見事にバラマンディを

キャッチ出来ました。

その他の外道のマングローブジャック、ターポン、GTメッキなどは、

釣れてますが、写真はありません。あしからず。。。

IMG_9720.jpg
坂口さんの60cm

IMG_9743.jpg
原田さんは2本キャッチした内の大きい方で65cm

DSC_1136.jpg
内藤さんは、ちょっとカワイイサイズ

IMG_20190914_131541_557.jpg
私のキンピカなゴールデンです。


おまけ
DSCPDC_0001_R.JPG
ルアーより小さいマングローブジャック


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで

2019.09.18    タイ・チャドーフィッシング釣果報告

9月7日~16日まで、タイ・チャドー&スリランカ・ゴールデンバラマンディの

2ツアーに行ってきました。

まずは、タイ・チャドーフィッシングの釣果です。


参加者は、名古屋発着で内藤さん、山本さん、佐原さんと私の4名です。

今回もいつも行くラムチャエダムへ行ったのですが、

ここはタイ西部に位置するために、モンスーンが遅れている関係上、

まとまった雨が全く降らず、ダムは渇水状況。

7月に行った時より更に減水して、あおこが浮いている状況。

朝5時に出船して、テラピア養殖いかだ周辺を狙うと、

3バイト1チビキャッチ(写真なし)

他船は、内藤さんが8LBをキャッチ!

received_2092792191028165.jpeg

あまりの水の悪さに

ガイドがもうこのダムはダメだから、違うダムへ移動するという。

開始からわずか3時間で終了しての移動。聞くと東部は雨が降り水の状況も

良く、昨日も多くのチャドーがキャッチされているらしい。

という事で、皆に荷物をパッキングして車移動。

現在のダムから次のスリナカリンダムまでは車で約6時間かかるらしい。

もう移動だけでフィッシング初日は終了。

翌日は、朝4時30分に起床して、ホテルよりボート乗り場まで約1時間。

準備して6時前の出船です。

DSC_1111.jpg
基本、木造船に一人1艇でフィッシングへ出かけます。

このボートには、ガイドも乗船したのでちょっと大きめです。

このダムの上流域へ入っていきます。

このダムでの釣果は事前の情報通りに結構あり、

チャドーの数・サイズも良かったです。

2日間で一人7~8本、サイズも最大16.5LB(約7.5kg)

写真はランダムに掲載します。

DSC_4760.jpg
佐原さんのブラックチャドー

received_433324664237692.jpeg
内藤さんは、デカチャドーには嫌われてました(涙)

IMG_3815.jpg
山本さんは、今回最大の16.5LB(約7.5kg)

IMG_3789.JPG
デカかったので、膝のせ

IMG_20190912_130401_596.jpg
私もグッドサイズチャドー14LB(約6.3kg)


モンスーンのズレで、タイ・チャドーはシーズンが始まったばかりです。

ボートマンに聞くと、10~12月が良くなってくるといいます。

また、近日中にツアーを設定しようと思いますので、

ビッグチャドーを狙うならこの時期にトライしてみてはいかがでしょうか?


フィッシングツアーは、トラベルプロ・アングラーズネストまで